どうぶつの森アプリ「カフェ」で何ができる?役割は?

どうぶつの森アプリに登場する「カフェ」で、どのようなことができるのか?
(・∀・)

 

また、どのような役割があるのかをどうぶつの森ユーザーのみんなに予想をしてもらいましたよ~♪

 

リリース前の妄想を膨らませておいて下さいw

現在のどうぶつの森アプリでは、バレンタインデーなどの一般的なイベントに対して特別なカフェメニューが発売されますが、役場で制定されたイベントや条例にも対応したメニューをカフェで設定出来るようになると思います。 30代 女性 会社員 
現在のどうぶつの森アプリでは、カフェに来る村民の時間帯が決まっているのでバリエーションが限られていますが、新しいどうぶつの森アプリでは不規則に村民が訪れ、カフェから出る事無く店舗内の状況が変化する様になります。 30代 女性 会社員 
どうぶつの森アプリでのカフェは、キャラクターの体力を回復することができるようになると思います。休憩してアイテムを買うことで、様々な効果が得られるでしょう。後はカフェでのアルバイトなどもできそうですね。 20代 男性 学生 
現在のどうぶつの森アプリのカフェでは、マスターにコーヒーを淹れてもらって客から情報収集するかアルバイトするしかありませんが、情報収集だけで無く情報をもとに村民をスカウトできる機能が付加されると思います。 30代 女性 会社員 
もしアプリ版どうぶつの森にカフェがあったら、通信を使って友達やカフェに訪れた人、キャラと交流ができたり、季節ごとのイベントを行なってみんなで集まって盛りあがったり、おしゃれな誕生日会などを貸切で行うなど、楽しみが増えると思います。 40代 女性 主婦 
おいでよどうぶつの森の頃からお馴染みの要素として、アプリ版でもカフェは出てほしいです。コーヒーが飲めるだけではなく、とびだせ!の時のようにアルバイトをして、これをお金を稼ぐ手段の一つとしてもいいかもしれません。お店にやってくる住人との交流の場にもなってほしいですね。 20代 女性 事務 
どうぶつの森アプリでカフェがあったら、友達と通信でつながって、チャットができるのではないでしょうか。友達との通信プレイができたら面白いですが、カフェでチャットをして、会話を楽しめたら楽しさが倍増すると思います。 20代 男性 会社員 
仲間同士が内緒話をする場所として、初めて会った者同士が交流を深める場所として、どうぶつの森の世界のカフェは利用されると思います。また、カフェのメニューは、アプリ内で使えるアイテムとして購入できると思います。 20代 男性 地方公務員 
どうぶつの森アプリにカフェがあったとしたら、飲み物を注文して飲みながらおしゃべりをすることで、ゲームの攻略やストーリーのヒントがもらえたり、他のプレイヤーやNPCとの友好関係が上昇しやすくなると予想します。 20代 男性 学生 
カフェは癒しの場として必要不可欠。どうぶつの森のアプリでもアルバイトができて、他の村の住人やキャラクターと絡めたら嬉しい。コーヒーだけではなくて、他のドリンクや食べ物メニュー(たまに会話に出てくるハトサブレとか)があったら嬉しい。 20代 女性 専業主婦 
どうぶつの森のアプリでカフェがあれば、情報交換が行える場所として利用できるようになると思います。新たなイベント情報を得たり、他のユーザーからのお得な情報を入手できるようなスペースとして活用されることが予測されます。 50代 男性 会社員 
どうぶつの森アプリのカフェでは、アルバイトができて、アルバイト料は3DSのようなコーヒー豆ではなくてベルがもらえる。経験値によって報酬がもらえるのは同じ。アルバイト中他のプレイヤーがコーヒーを飲みに来れて、気に入ったらチップとしてベルを渡してくれたりできる。 10代 女性 学生 
どうぶつの森でカフェがあると、ゆっくりとコーヒーを飲みながら動物と遊ぶことができるスペースになります。また、動物と一緒に遊ぶことができる場所などもあれば、1日カフェで楽しむことができます。ゆっくり楽しめるアプリなので楽しみです。 30代 男性 営業 
  どうぶつの森アプリの中にカフェがあったら、チャットやコメントを通して他のプレーヤーと情報交換や、その他の交流ができると思います。また、カフェでのオリジナルメニューなど限定のアイテムがあると良いなと思います。 20代 女性 アルバイト 
どうぶつの森アプリにカフェがあったら、コーヒーや、紅茶、デザートなどの種類が豊富だと女子がワクワクすると思います。カフェラテのラテアートで自分の好きなデザインを選べたり、自分で書いたデザインがラテアートになったら嬉しいです。 20代 女性 会社員 
どうぶつの森のアプリにカフェがあった場合、友だちとまったりおしゃべりをしたり、料理にチャレンジしたりすることが出来そうです。また、中の模様替えをすることが出来、自分だけのオリジナルのカフェを作れそうです。 20代 女性 会社員 
過去作と同様、カフェでは、どうぶつ達のコーヒーの好みを覚える役割はあると思います。アプリ版どうぶつの森では、その他に、カウンターでコーヒーを飲むだけでなく、フレンドと複数でカフェに訪れてテーブル席でコーヒーの提供を受けることができるようになると思います。 40代 女性 アルバイト 
どうぶつの森のアプリ版にカフェがあったら、MacBook Airのような端末を持って仕事をしているのかレポートを書いているのかわからないキャラクターで、流行りそうなきがします。たぬきち商店でも端末を扱うようになるのでしょうか。 40代 女性 主婦 
どうぶつの森のアプリでカフェがあった場合、ほかのお友達や通りすがりの人との交流ができると思います。ゲーム内のお金でコーヒーなどを購入して、それがきっかけでほかの人たちと会話やゲームやアイテムの交換などがいいと思います。 30代 女性 会社員 
どうぶつの森のアプリでカフェがある場合は、仲間のユーザーとの交流の場で情報収集出来る場所となると思います。自分の持っているアイテムの交換が出来たり、雑談などして日常の会話を自然と出来る癒しの場所となると思います。 30代 女性 主婦 
どうぶつの森にカフェがあったら、同じアプリで遊ぶ世界中のユーザーと繋いで交流することができると思います。たくさんのプレイヤーたちと集まってミニゲームやチャットをしたりして一緒に遊ぶことができるのではないかと期待しています。 20代 女性 主婦 
どうぶつの森でカフェに行ければ、仲間との協力ができて楽しいと思います。ひとりで行動するよりもいろいろと助け合えるし、何よりも楽しさが倍増します。カフェはリアルの世界でもそうですがアプリでもほっとできていいですね。 30代 女性 会社員 
従来通りならば、情報収集とアルバイトができると思いますが、新しいどうぶつの森アプリでは課金が大きなウェイトを占める噂が立っているので様々な物販が行われると思います。また、カフェの椅子や机、カップなどもガチャの対象となると思います。 20代 男性 学生 
スマホアプリ版どうぶつの森がリリースされ、ゲーム内にカフェが登場したら、カフェに集まった人たちでチャットができたり、なにかイベントに参加できたりと、どうぶつの森ユーザーとの交流ができるのではないかと思います。ゲームの裏技を教えあったり、お礼にアイテムをプレゼントしたりできても楽しそうですね。 40代 女性 主婦 
街にあるカフェと同じようにお茶やコーヒーを飲めるスペースを確保しつつ、どうぶつの森アプリを楽しんでる人同士でチャットなどで会話ができるのではないでしょうか。同じゲームをしているのですから、会話も弾むはずです。 30代 男性 自営業 
どうぶつの森のアプリでカフェがあった場合、予想することができる役割は、コーヒーを飲むことができるのはもちろんのこと、コーヒーをつくってお客さんに出すバイトをすることができる場所になると考えることができます。 20代 男性 学生 
カフェがあるどうぶつの森のアプリがあれば、みんなが交流できて、たくさんの人と繋がれると思います。また、自分のキャラクターに、飲み物をのませたりできて、より自分らしいプレイができるようになると思います。 10代 女性 学生 
どうぶつの森のアプリでカフェがあれば友達探しの良い場所になるのではないでしょうか。相席居酒屋が流行っていたりしますので、イメージはつきやすいのではないでしょうか。カテゴリーも別れていたら同じ趣味の仲間で集まり易いですね。 30代 男性 会社員 
アプリ版どうぶつの森でもしカフェがあった場合はやはりほかのプレーヤーとの交流が行えるようなものであったらいいと思います。掲示板があったりしてもいいかも知れません。もちろん実際のカフェでも売っているようなコーヒーメーカーなんかも販売してくれると嬉しいです。 30代 男性 会社員 
アプリどうぶつの森は、楽しいゲームです。もしどうぶつの森にカフェがあれば、人間だけでなしに多くの動物たちもやってくるのではないかと思います。人間も動物の、それぞれの垣根を超えてコミュニケーションのとれるカフェになると思います。 10代 女性 高校生