どうぶつの森アプリ「キャンプ場」で何ができる?で何ができる?役割は?

どうぶつの森アプリで登場するであろう「キャンプ場」はどのような役割と果たすのか?何ができるのか?
(*´∀`)

 

どうぶつの森をやったことがある人達に、予想をしてもらいました!
\(^o^)/

キャンプ場は最近とびだせ!どうぶつの森でも追加された要素ですが、アプリ版ならスマホですれ違い通信がもっと手軽になると思うので、色んな人の村の住人が沢山遊びに来てくれたら楽しいです。その住人の村の特産品が貰えたり、逆に自分の村からキャンプに行ってきた住人にお土産が貰えたりしたら嬉しいですね。 20代 女性 事務 
キャンプ場の最も大きな役割は、どうぶつの森のアプリを使っている人たちの交流の場所になることだと思います。交流の方法として、個別にメッセージを送ったり、大勢で会話したりといった使い分けもできるようになると思います。 20代 男性 地方公務員 
どうぶつの森がアプリで実装された場合、キャンプ場があるならば過去作で実装されていた南の島がどちらかというと釣りがメインのフィールドだったため、野山を駆けることに特化した採取フィールドにキャンプファイヤーなどの要素を盛り込んでいくのではないでしょうか。 20代 男性 学生 
どうぶつの森アプリでキャンプ場があったとしたら、ここでしか入手できないアイテムをゲットできたり、ここでしか上がらないパラメータや、パラメータ上限の限界突破があると思います。イメージとしては、スポーツシミュレーションゲームの海外留学のような感じです。 20代 男性 学生 
アプリのどうぶつの森でキャンプ場があった場合 以前のシリーズではそこ限定のアイテムを買うことができたので同じく限定アイテムが買うことができると思います。また、アプリではフレンド以外の交流の場とし使われるのではないかと思います 30代 男性 会社員 
どうぶつの森のアプリでは、キャンプ場は他の村の住民とのコミュニケーションだけではなくて、他のプレイヤーとのコミュニケーションの場にもなってほしい。キャンプ場限定で、他のプレイヤーとゲームやアイテムのやりとりができたりしたら嬉しい。 20代 女性 専業主婦 
どうぶつの森アプリにキャンプ場があった場合は、仲の良いフレンド達と宿泊をして様々な遊びやレクリエーションが出来ると思います。夜はキャンプファイアーを囲んでダンスをする事が出来たらとても楽しいゲームライフになるでしょう。 30代 女性 歯科医 
どうぶつの森アプリでキャンプ場が出来たら、お客としてだけでなく従業員としてアルバイトも出来ると考えています。擬似生活空間として既に携帯ゲーム機では様々な施設で仕事が出来るのでかなり可能性があるでしょう。 40代 男性 フリーター 
既存のどうぶつの森でもキャンプ場はあり、通信を利用して友達同士で宿泊をしたりアスレチックで遊ぶ事が叶になっています。アプリだったら日本全国の友達とキャンプを行なえるようになるので遊ぶ範囲が広くなり楽しそうです。 30代 男性 事務員 
現在販売されているどうぶつの森でもキャンプ場があり、友達達と最大4名でテント生活や釣り場で遊ぶ事が出来ます。アプリだとネットで不特定多数の方々とキャンプが出来、婚活や合コンみたいなことも出来そうです。 40代 女性 会社員 
どうぶつの森のアプリはかなり楽しみにしています。キャンプ場での宿泊料金が発生すると面白いかも。また、天体観測やバーベキューなどのイベントがあるといいと思います。アプリなので、通信プレイで他の人の村に宿泊出来るようになるのもいいかも。住人の勧誘は引き続きあって欲しいです。 20代 女性 フリーター 
どうぶつの森のアプリ版がリリースされ、森の中にキャンプ場があったとしたら、仲良くなったどうぶつや友達と一緒にキャンプ場に泊まったりできるようになるのではないかと思います。カレーを一緒に作ったり、キャンプファイヤーをしたり、夜遅くまで話をしたりと、かなりゲームを楽しめるようになるのではないでしょうか? 40代 女性 主婦 
どうぶつの森アプリキャンプ場があったら、友達と一緒にテントを張ったり、バーベキューをしたり、カレーを作ったりなど、普段できない体験ができたら楽しいと思います。夜は綺麗な星が見られたり、夏は川遊びや釣りができるといいと思います。 20代 女性 会社員 
どうぶつの森アプリでは、キャンプ場は住人を増やすチャンスなので非常に重要な場所ですが、新しいどうぶつの森アプリでは引っ越してくるとケースと新たに友達を連れてキャンプ場に来るかをプレーヤーが選択できる様になります。 30代 男性 会社員 
現在のどうぶつの森では、キャンプ場の宿泊客の引っ越しが決まった後に引っ越し予定地が現れますが、新しいどうぶつの森アプリでは引っ越し予定が自由に設定できる機能が搭載されていると思います。勝手に引っ越し先が決められるストレスが無くなると思います。 30代 女性 主婦 
どうぶつの森アプリにキャンプ場があった場合、ユーザー同士のコミュニケーションの場になると思います。キャンプの日程やテントごとに集まるテーマを設定すれば、同じ趣味やプレイスタイルのユーザーと出会えるようにするなどすればより効果的だと思います。 20代 男性 会社員 
過去作では、キャンプ場に訪れているどうぶつから、ミニゲームなどで限定アイテムを入手でき、気に入ったどうぶつがいた場合、村に住んでもらいたいと、スカウトできる場所でした。アプリ版どうぶつの森でも同様の役割を果たし、キャンプ中のどうぶつも村に出て来て、会話や買い物をしたりできるようになると思います。 40代 女性 アルバイト 
どうぶつの森アプリ版ではキャンプ場でゲームをしたり、住民を自分の村に来るように説得する以外にも、そのキャンプ場に来ている住民の村に行けたらいいなと思います。その住民の村にいる他の住民にも自分の村に来るように説得できたらもっと楽しくなると思います。 10代 女性 学生 
 もしどうぶつの森のアプリにキャンプ場があったとしたら、友達の森や他から遊びにやってきたキャラの拠点・宿泊所として機能すると思います。キャンプファイヤーを囲んだイベントがあったり、テントの内装がキャラごとに自動でカスタマイズされると楽しそうだなと思います。 20代 女性 無職 
どうぶつの森アプリのキャンプ場では、ゲームをしているユーザー同士がチャットで交流ができるシステムができると思います。もちろんキャンプ場ですから、料理をしたりテントを建てたりもできるはずです。ユーザーが交流することで楽しさ倍増するでしょう。 40代 男性 自営業 
どうぶつの森のアプリでキャンプ場があった場合は、ほかのプレイヤーとの交流の場になるのではないかと思います。wi-fi通信などで他のプレイヤーと話が出来たり、アイテムの交換などが出来る場所になると思います。 30代 女性 会社員 
キャンプ場がどうぶつの森のアプリであった場合、さかな釣り大会やむしとり大会やきのこ狩りといったさまざまなイベントを開催する場としての役割を果たすと思います。キャンプ場限定のイベントが発生すると予想することができます。 20代 男性 学生 
どうぶつの森のアプリでキャンプ場があった場合、仲間と協力してひとつのものを作り上げていく楽しさが味わえると思います。一人であそぶよりも仲間と遊んだほうが楽しいですし、達成感もあっていいです。協力して何かをやるというのが好きです。 30代 女性 会社員 
どうぶつの森アプリのなかにキャンプ場があったら、いつもと違うフォトなどがとれたり、他のユーザーと交流することができるようになると思います。また、キャンプ場にしかいないキャラクターなどに会えると楽しいです。 20代 女性 主婦 
どうぶつの森のアプリでキャンプ場が出てくるとすれば、考えられる機能は、多くのどうぶつたちと交流する場になると思います。実際、とびだせどうぶつの森では、どうぶつたちがキャンプに来て、交易したり、遊んだりする場となってましたので同じようになる可能性はあります。 10代 男性 学生 
どうぶつの森のアプリ版では、キャンプ場があるといいと思います。虫取り大会、魚釣り大会、バーベキュー、キャンプファイヤー、様々な楽しいイベントが考えられます。サークルの合宿なんかに遭遇出来ても楽しそうですね。 40代 女性 主婦 
どうぶつの森にキャンプ場があったら、同じアプリを使うユーザーのむらからむらびとが遊びに来て泊まっていってくれるのではないかと思います。むらびとたちと交流することで、果物や虫など自分のむらだけではとることはできないものもとれるようになるのではないかと思います。 20代 女性 主婦 
どうぶつの森のアプリでは実際に火で調理をするわけではありませんが、火加減や食材の置く場所などによって出来栄えが変わるようになるのだと思います。キャンプ場を訪れたユーザー同士でランキング形式で競うのではないでしょうか。 30代 男性 自営業 
どうぶつの森でキャンプをするのはすごく楽しいと思います。実生活でもキャンプというととてもアクティブなイメージですので、アプリの中でも仲間とともに楽しく時間を過ごせるはずです。キャンプ場では炊事もできるのがまた余計にわくわくします。 30代 女性 会社員 
どうぶつの森アプリのキャンプ場では、他のプレーヤーと交流できるようになっていると楽しいと思います。私は子供と一緒にキャンプに行くのですが、キャンプ場では見ず知らずの人と仲良くなることがあります。ゲームでもいろいろな人と知り合えたら楽しいことでしょう。 40代 男性 会社員