どうぶつの森アプリ「商店」で何ができる?役割は?

どうぶつの森アプリでは、商店が登場すると思われます
(・∀・)

 

今回のアプリ版では、商店がどのような役割を果たすのか、ユーザーの皆さんに予想してもらいました!
(*´∀`)

 

ワクワク材料にしてください!

どうぶつの森アプリで商店があれば、生活に必要なアイテムを購入できる場所になると思います。更に、普通の商店としての機能もありながら、フリーマーケットのように自分のアイテムを販売できるようになるのではないでしょうか。 20代 男性 学生
商店はどうぶつの森シリーズの重要な要素なので、これまでと基本的な所は変わらないと思います。ただ、ホームデザイナーで出てきたハウジングが出てくる可能性もあるので、そうなると自宅のローン返済制度はここの仕事ではなくなるかなとも思います。従来とほぼ変わらない形でアプリで出てきてくれたらすごく嬉しいですね。 20代 女性 事務
どうぶつの森アプリで商店があったら、商品を仕入れて、それを売ることで利益を得ることができると思います。そして、どんどんお店を大きくしていくことで、村の発展にも貢献ができると思います。最終的にはデパートくらいに大きくできると思います。 20代 男性 会社員 
どうぶつの森アプリで「商店」があったとしたら、アイテムを購入することが出来るのはもちろんですが、プレイヤーやNPCが自分の店を開いて、アイテムを売買できたら面白いと思います。売り物だけではなく、内装、外装もカスタマイズできたら楽しみが広がります。 20代 男性 学生 
どうぶつの森において、商店はいろんなアイテムの売買に欠かせない存在。アプリになっても、従来と変わらず必要不可欠。必要な基本アイテム(釣り竿やスコップ)は毎日全種類が買える状態だったら嬉しい。あと、くじ引きがもっと豪華になったらいいなと思う。 20代 女性 専業主婦 
どうぶつの森アプリに商店があるなら、いろんなお店を作って商店街のようしたら楽しいと思います。八百屋さんや、お肉屋さん、魚屋さん、果物屋さんなどいろいろ作って、自分もお店をだすことができればもっといいと思います。 20代 女性 会社員 
どうぶつの森のアプリ版に商店があったら、さまざまな便利な道具を買ったり売ったりできるようになるのではないかと思います。魚釣りをする釣竿やパチンコなどを買ったり、不用品を売ることでお金を稼ぐことができるようになると、とても便利ですよね!スタンプカードなど、来店特典があるとさらに嬉しいです! 40代 女性 主婦 
商店では、どうぶつの森のアプリがさらに楽しめるアイテムが購入できると思う。ゲームの中の貨幣だけではなく、実際の課金の仕組みが使われたり、あるいはアイテムを別のアイテムと交換できるなどの仕様も想定される。 20代 男性 会社員 
特定の条件を満たしたユーザーのみ店主となれる設定にすれば、どうぶつの森アプリ内の商店でアイテムの売買が出来るようにすれば面白いと思います。ユーザーが店主になるのがポイントで、価格設定等で人気不人気がはっきりすれば遊び方の幅を広げることが出来ると思います。 20代 男性 無職 
忙しいユーザー向けに、自分が入手してきたアイテムを商店で販売できるようになると思う。アプリ版でもどうぶつの森である以上はそれぞれのペースで楽しめるようになっていて欲しい。商店側は働く楽しさを感じられ、アイテムを探す時間がないユーザーも楽しめるため両得の機能になると思う。 20代 男性 無職 
どうぶつの森で商店があれば、どうぶつ食べさせるごはんやお菓子があれば動物を成長させたりするのにも非常にメリットがあります。どうぶつの森はゲームソフトから移植されたアプリで、ほのぼのゆっくりと楽しめるので楽しみです。 30代 男性 会社員 
どうぶつの森アプリ版で、「商店」があった場合は、アイテムの販売と買取りの役割をすると思います。アルバイトをして報酬をもらうこともできると思います。過去作では、ゲームを進めてコンビニエンスストアにグレードアップしても深夜は営業していませんでしたが、アプリ版では24時間開いているストアになると思います。 40代 女性 アルバイト 
どうぶつの森のアプリでは、商店が登場すると思います。商店は、家具や壁紙、カーペットや花や樹木も購入できて、釣りや昆虫採取、果樹栽培に必要な道具も購入できます。また、獲った魚や果実などを売ることもできるので、ゲーム内で使えるお金を稼ぐこともできるお店だと思います。 30代 女性 主婦 
どうぶつの森のスマートフォンアプリで商店があった場合に、果たすべき役割はものを売ったり買ったりできるということだと思います。むしとりやさかな釣りやきのこ狩りで得たものを売ることができる場所としての役割を果たすと考えられます。 20代 男性 学生 
どうぶつの森のアプリ版で商店があった場合、考えられる役割は、前作と同じく、アイテムの販売です。自らの自宅に置く家具や、自らが使う道具なども販売し、課金要素が入れば、課金専用のアイテムも一緒に販売すると思います。 10代 男性 大学生 
どうぶつの森アプリに商店があれば、日用品や食材の買い物が出来ると予想をしています。ゲーム内では自分で料理を作ることが出来るので、特に食品店は必要な施設になるでしょう。擬似生活を楽しむ上で大切なことです。 20代 男性 アルバイト 
商店がどうぶつの森アプリに登場したら、消耗品の買い物が出来ると思います。またその店でアルバイトをしてお金を稼ぐ事も出来るでしょう。既にゲーム版にはあるシステムなのでアプリにも同様の機能を持ってきそうです。 40代 女性 パート 
アプリ版どうぶつの森に商店があったら、自分で育てた野菜や果物を出荷できると思います。初代のゲーム機版からシステムはあったので、アプリだと別ユーザーが買い物をしてくれたりしてより一層擬似生活を楽しめるでしょう。 30代 男性 トラック運転手 
どうぶつの森では現実世界と同じように消耗品や食材は商店から購入することになりそうです。アプリだと課金をしないと高級な物は買えないでしょうが最低限のものはゲーム通貨でも買えると思います。アイテムの種類を豊富に扱って欲しいものです。 20代 男性 溶接工 
商店はどうぶつの森アプリ版にとってお金を稼ぐ場所になると思います。従業員として雇われて一定の仕事をこなすとお給料がもらえるでしょう。別のプレイヤーと接する機会も増えるでしょうから擬似生活を楽しむにはいいと思います。 20代 女性 風俗店従業員 
どうぶつの森アプリでは、商店が登場することになっています。もちろん、いろんなグッズを購入することができる場所として活用されるでしょうが、不要となったものを売却することができても楽しそうです。そのグッズを他のユーザーが購入できたら、なお交流が深まりそうです。 20代 男性 会社員 
どうぶつの森は、始めた当初は商店で物を買うことが多くなります。アプリで商店があったなら、コレクション系の商品から日用品まで、幅広く出品してほしいです。毎日ログインしている人には、福引を実施したり、特別カタログをもらったりできると楽しいと思います。 30代 女性 会社員 
どうぶつの森アプリで商店があったら、アルバイトが出来ると思います。店員として働いてお金を稼ぐ手段としては理想的で実装をしてくれることを願います。実生活を限りなくゲームで再現しているので仕事の楽しさも学べるでしょう。 40代 男性 棋士 
商店がどうぶつの森アプリに実装されたら、ゲーム内通貨で日用品を購入出来るでしょう。生活に必要最低限のものは安く買えるけど、贅沢品は課金をして買うことになると思います。出来ればすべてゲーム通貨で買えるのが理想ですね。 40代 男性 日雇い労働者 
商店がどうぶつの森にあったら自分で生産をしたパンや野菜を納品してお金を稼げると思います。アプリだったら常にネット通信をしているので、受注があれば店に卸す仕組みになるでしょう。擬似生活が限りなく楽しくなるでしょう。 30代 男性 司書 
商店がどうぶつの森で実装されたら、プレイヤーも店を出店することが出来ると思います。アプリだからこそ様々な役割分担をして生活を充実させる可能性を見出せます。別のユーザーを従業員に雇うなどできたら楽しいでしょうね。 40代 女性 会社経営 
商店がもしどうぶつの森アプリに登場したら、自分が作った野菜や牛乳を毎日出荷してお金が稼げると思います。自給自足の田舎生活を売りにしているゲームだからアプリでも引き継いでくれるでしょう。気楽な田舎暮らしを楽しみたいです。 40代 女性 保健婦 
どうぶつの森のアプリで商店があれば、自分の部屋を飾る物などを購入したり、必要なくなったり、使わなくなった物などを売ることができる役割をしています。季節ごとに新しい物などがあれば、すごく盛り上がります。 30代 男性 会社員 
どうぶつの森のアプリでの「商店」は課金やポイントの積立の対象となると思います。アイテムやインテリアをここで買ったり、逆に自分の不要なアイテムを売ったりできるのではないでしょうか。自由度の高いシステムを持った「商店」だと嬉しいです。 30代 女性 無職 
どうぶつの森のアプリがリリースされてもし、商店があるとしたら普通に考えたらアイテムなどの販売が行われるんでしょうね。でもそれだけだと面白味もないので買い取りや下取り、物々交換なんかもできると面白そうですね。 30代 男性 自営業