どうぶつの森アプリ「洋服屋」で何ができる?役割は?

どうぶつの森アプリでは、洋服屋が登場すると思われます
(・∀・)

今回のアプリ版では、洋服屋がどのような役割を果たすのか、ユーザーの皆さんに予想してもらいました!
(*´∀`)

ワクワク材料にしてください!

今までの「どうぶつの森」シリーズ通り、アプリの洋服屋では自分で洋服をデザインして着られるようになるでしょう。また自分で作った服を洋服屋に置いてもらって、動物のみならず他のユーザーに着てもらえると楽しいと思います。 50代 女性 主婦 
どうぶつの森アプリで洋服屋があれば、現実と同じように様々な衣服を着ることができるようになると思います。自分の好きなコーディネートができそうですね。また、警察官などのコスプレ衣装も購入できるようになりそうです。 20代 男性 学生 
洋服屋があれば服や帽子を買うのもそうなんですが、アプリ版だとプレイ機がスマホな分QRコードの利便性がさらに上がると思うので、とびだせ!どうぶつの森の時にあった物凄く自由度の高いデザインがアプリ版でも出来て、それをスマホのカメラでサッと読み込むだけで色々なファッションが楽しめたら凄く良いなと思います。 20代 女性 事務 
どうぶつの森のアプリ版に洋服屋があったら、季節ごとの可愛い洋服を選んで買えたり、店員さんに自分に似合う洋服を勧めてもらえるだけでなく、自分でデザインした服を着たり、販売したりしてお金を貯めることもできるといいなと思います。キャラクターがデザイナーとして活動できるようになると、さらに楽しそうですね! 40代 女性 主婦 
どうぶつの森のアプリでは、洋服屋は特別なアイテムショップという位置づけになると予想します。かわいらしさと実用性を兼ね備えたアイテムとしての洋服が販売される場所になると思います。古着を売ることも可能になるかと思います。 20代 男性 地方公務員 
どうぶつの森のアプリに、洋服屋さんがあったら、ファッションを追求することができます。そして、どんどんオシャレになることができるのです。洋服屋さんには、ものすごい数の洋服が売ってあるので、選ぶのもかなり楽しめます。 30代 男性 サラリーマン 
どうぶつの森アプリで洋服屋があれば、やはりキャラクターの外見を変えるための服アイテムを購入できる場所になると思います。アプリならではの仕組みとして、どんどん追加で新しい服が登場すれば、飽きることなく変化を楽しめます。 20代 男性 学生 
どうぶつの森アプリに洋服屋があればよりお洒落の幅が広がると思います。人気のブランドや、セール、アウトレット、福袋など実際のショッピングと近いものにすると楽しいと思います。特に10代、20代の女性には嬉しいと思います。 20代 女性 会社員 
どうぶつの森のアプリに洋服屋があった場合、季節やイベントによって衣装を変えて楽しむことができる。自分や他の人が作ったデザイン交換の場としても役立つと思う。自分の村の住民にオリジナルデザインを流行らせることもできるので楽しい。 20代 女性 専業主婦 
どうぶつの森のアプリで、洋服屋では、自分がデザインしたデザインを保存して、他のプレーヤーが遊びに来た特に見られるように展示したり、友達とそのような洋服のデザインを交換したりできるようになると思います。 20代 男性 学生 
どうぶつの森のアプリ版に洋服屋さんが登場したら、自分の好みの洋服を買ったり、試着することができるようになると思います。ファストファッションブランドや、有名高級ブランドとのコラボ商品も販売されるとレア度が増して、ちょっとお高くても課金して買っちゃうかもしれません! 40代 女性 主婦 
アプリ版のどうぶつの森に、もし洋服屋さんがあったら、自分でデザインした洋服を販売したり、誰か他の人がデザインした可愛い洋服を買えるようになったりするのではないかと予想しています。販売だけでなく、洋服のデザインコンテストイベントなどを開催しても楽しいかもしれませんね!1〜3位に賞金が出ると嬉しいです。 40代 女性 主婦 
どうぶつの森のアプリ版で、洋服屋はアバター設定のような役割を果たすと思います。オンラインゲームのアバターは、運営側から見た時にひとつの収入源として確立しているので、通常入手できる服に加え課金限定の服が登場すると思います。 20代 男性 プロ野球選手 
過去作では、洋服屋は服を売るのみではなく、店内はプレイヤーがオリジナルのデザインを作る場所でもあり、重要な役割をしていました。アプリ版どうぶつの森では、洋服屋の役割はおおむね変わらないと思いますが、オートクチュールのアトリエがプラスされ、よりじっくりと創り込むことができるようになると思います。 40代 女性 アルバイト 
どうぶつの森のアプリで洋服屋があった場合、洋服を買うことができると思います。洋服屋では、トップスやボトムス、帽子を購入することができて、自分のキャラクターを好きなアイテムで着飾ることができます。また、オリジナルの生地を作ったり、オリジナル生地の洋服なども作成できると思います。 40代 女性 パート 
どうぶつの森の洋服屋さんでは自分のアバター用のお洋服が買えそうです。アプリのゲーム内通貨で買えるお洋服の他、課金でしか買えないものや期間限定のアイテムが登場するのではないでしょうか。いらなくなったお洋服を買取ってもらうこともできるかもしれません。 10代 女性 学生 
どうぶつの森のスマートフォンゲームアプリ内で、洋服屋があった場合、キャラクターの服装を変更したり、手に入れたアイテムを洋服屋に渡すとそれを使用して新たな服を作ってくれる役割を果たす場所になると思います。 20代 男性 学生 
どうぶつの森アプリでは普段着ない服装を洋服屋で購入ができると思います。コスプレに興味があっても日常生活ではできない人がゲームだからできると、現実の自分と重ねることができます。キャラクターに愛着を持てるはずです。 40代 男性 会社員 
洋服屋ということで、洋服や服飾雑貨に限定したアイテムが発売されるので、どうぶつの森のアプリの世界でよりオシャレが楽しめるようになると思います。スマホのカメラ機能などを利用して、自分独自の洋服も注文可能になると予想します。 20代 女性 会社員 
どうぶつの森シリーズにとって洋服屋はなくてはならない店なので、アプリにも実装された場合、その楽しさが何倍にもなると思います。自分にぴったりのコーデを見つけることも楽しいですし、ほかのプレイヤーと一緒に楽しむのもいいと思います。 20代 女性 事務 
どうぶつの森で洋服屋があった場合、自分好みの服を仕入れてもらうことでアプリ内で疑似セレクトショップ的なことができると女性のプレイヤーにとってすごく嬉しいと思います。値段設定などもできるとほかのプレイヤーにも楽しんでもらえると思います。 20代 女性 学生 
どうぶつの森のアプリに洋服屋があった場合、気軽にファッションを楽しむことができると思います。自分が普段着ないような洋服を購入してファッションを楽しんだり古着を売ってお金を稼いだりできると思います。また、オーダーメイドの服を作って個性溢れるファッションを楽しむこともできると思います。 20代 男性 学生 
新しく出るどうぶつの森のアプリに洋服屋がある場合、プレイヤーが着る服を毎日日替わりで売っていたり、プレイヤーが服を自作したり、人が作った服をダウンロードしたりできる施設になっていることをとても深く希望する。 10代 男性 学生 
どうぶつの森で洋服屋さんがあったらとても楽しいと思います。色々な洋服があればリアルな生活により近くなるし、着替えることができればそれだけアプリ内での楽しみがぐっと広がると思います。できればいろんなバリエーションがあればいいですね。 30代 女性 会社員 
どうぶつの森の世界の洋服屋では、仮装用の派手な洋服が購入でき、それを着ることができると予想しています。実際に洋服をインターネット通販で購入する感じで、どうぶつの森のアプリ内で服を手に入れることができると思います。 20代 男性 自営業 
洋服屋があれば、おしゃれを楽しんだりキャラクターに個性を出すことができそうだと思います。どうぶつの森シリーズは毎回新しくなるごとにアクセサリーが増えるのでとても楽しみです。アプリだと着せ替えもおもしろそうだから期待です。 20代 女性 アルバイト 
どうぶつの森で洋服屋さんがあると、主人公の服などを購入して着せ替えすることができるようになります。アプリで季節やイベントによって新しい服などが入荷されて、その服を購入することで、季節感も出るので、面白くなります。 30代 男性 会社員 
どうぶつの森で洋服屋さんはたくさんの服の販売をしてくれており、季節ごとやイベントに応じた服を販売しています。アプリでもイベント行事などは盛り上がるので、その季節やイベントの服などをたくさん売っていると楽しい。 30代 男性 会社員 
どうぶつの森の洋服屋って面白そうです。バーバーのように毛を刈ってもらい、その毛を使い洋服に仕立て上げるのも素晴らしいことかも。季節に合わせてどうぶつの森アプリで衣替え用の洋服を取り揃えてあるとコーディネートするのも楽しくなります。 50代 男性 会社員 
どうぶつの森には洋服屋さんがあって、自分の好きな服を購入することで、好きなコーディネートができます。アプリではたくさんの人がそれぞれの個性を出しておしゃれをしているので、洋服屋さんの服の種類が多いと楽しいです。 30代 男性 会社員