どうぶつの森アプリ「夏至」イベント攻略情報

どうぶつの森アプリのイベント「夏至」では、どんなイベント内容になるでしょうか?
(・∀・)

どうぶつの森ユーザーに予想をしてもらいました!

どうぶつの森アプリで夏至関連のイベントを開催する場合、雲を追いやって太陽に顔を出させるようなイベントが良いかと思います。実は夏至の日照時間は梅雨という季節であるため平均すると晴れることの多い当時よりも短くなるそうなので。 20代 男性 会社員
どうぶつの森アプリで夏至のイベントを開催するとしたら、やはりダントツでムシとり大会だと思います。夏だと、春や秋冬とは違い結構大物を捕まえる事ができて住人とも楽しく競い合う事ができるイベントだからです。 20代 女性 フリーター
夏至はこれといって目立たなくて、気付かずに終わる可能性の高いイベントなので、もう少し盛り上がる要素を入れてほしい。アプリ版どうぶつの森では、すべてのメガネやサングラスがその日に買うことができる、とかなっていたら面白い。 20代 女性 専業主婦
スマホアプリ版どうぶつの森に、夏至のイベントが登場するとしたら、夏至の昼間に広場で夏祭りなどが開催されるのではないでしょうか。みんなで盆踊りを踊ったり、神輿を担いだり、綿あめや焼きそばを食べられたりするととても盛り上がると思います。くじもあって、当たると素敵なアイテムがもらえると嬉しいですね! 40代 女性 主婦
夏至だから白夜なんて安易なイメージで作成され、フィンランドの白夜の魔法などを取り入れるなどの捻りも無くつまらないイベントですが、新しいどうぶつの森アプリではミニクエストを課すなどの工夫がされていると期待しています。 20代 男性 会社員
どうぶつの森は、国によってアイテムが異なるのですが、夏至のイベントの白夜は日本には適応していない様に思えるので、新しいどうぶつの森アプリでは夏至のイベントは日本らしい演出がされていると思います。課金するのだから、対応もしっかりするべきです。 30代 男性 会社員
実際の夏至のときのように、どうぶつの森のアプリの世界でも、昼間の時間が最も長くなるという仕様になると予想します。時間が長くなったことで、いつもと違うイベントが発生したり、特別なアイテムが手に入ると、面白いです。 20代 男性 会社員
夏至といえばいつも思い出すのが夏の暑さと七夕です。なんとなくあの季節って懐かしい感じがします。どうぶつの森で夏至のイベントをやるとしたら、夏ならではの盛り上がりそうなことがいいのではないかと思います。アプリでも楽しめそうな感じなのがいいです。 30代 女性 会社員
夏至のイベントは、どうぶつの森では白夜の演出がされていますが、日本では夏至=白夜のイメージは無く大きな違和感を感じてしまいます。新しいどうぶつの森アプリではタコを食したり、キャンドルを灯すなど日本らしいイベントになっていると思います。 30代 男性 会社員
夏至といえば、やはりお祭りであろう。なぜならば、現実世界での私たちの夏のイベントといったらお祭りは絶対に欠かせないものだからだ。きっと、夏至イベントでどうぶつの森アプリ版にお祭りがあるなら、絶対楽しいだろう。リアルで楽しければ、ゲームアプリの中でも楽しいに決まっている。 10代 女性 フリーター
夏至の日には、どうぶつの森の広場に集まって太陽の下で影法師を作るイベントがありそうです。ところがハプニングが起きます。影法師が逃げ出すので、日が沈むまでに村内に散らばったみんなの影を集めて持ち主に返すアプリオリジナルのイベントがあれば良いですね。 10代 女性 浪人生
どうぶつの森アプリで夏至に関するイベントが開催されるとしたら、真夏の花火大会イベントがいいと思います。夜になっても森の住人が広場に集まり、隠れアイテムを発掘したり特別な魚を釣ったりしながら、いつもは登場する事のない特別なアイテムを手に入れることができます。 40代 女性 専業主婦
どうぶつの森アプリのイベント、夏至では昼が長いので住民が集まり、夏らしい花火や寝ない住民やミニゲームをするなどといったイベントになるといいかもしれません。どうぶつの森を通してみんなが夏至などといった行事に興味をもつようになると思います。 10代 女性 学生
どうぶつの森の夏至の日は、日本では体験出来ない白夜を演出していますが、新しいどうぶつの森のアプリではサンハンスアフテンとして村の池のほとりでの焚き火やユハンヌス・コッコを行って悪霊払いなどを行うイベントになっていると思います。 30代 男性 会社員
どうぶつの森の夏至の日は、しずえから趣味の悪いサングラスが貰えますが、新しいどうぶつの森のアプリでは白夜のヨンミサの前夜に現れる人間の言葉を話す牛人間に変身するアザラシが村にも現れ、プレーヤーがアザラシを探すイベントになっていると思います。 20代 男性 会社員
どうぶつの森の夏至の日は、白夜とカラフルなサングラスの入手がイベントの概要ですが、北欧ではクラッシックやジャズ等の野外コンサートやフェスが行なわれているので、3月に無料配信されるどうぶつの森のアプリでは白夜の中村民による野外音楽会が行なわれていると思います。 30代 男性 会社員
どうぶつの森は、夏至の日に限らず世界各国に起源を持つイベントを上辺だけ模倣している薄っぺらい所が子供達に誤認識を与えるので、新しいどうぶつの森アプリでは白夜に北欧で行われる聖夜や聖夜前夜の伝説をクエスト化されたイベントが導入されていると思います。 20代 男性 会社員
夏至の日は、どうぶつの森のイベントの中では比較的凝った演出がされていますが、無料配信が予定されているどうぶつの森アプリでは、課金の必要性が高くなる様なクエストが組み込まれると思います。現在の通過儀礼的なイベントでは無くなると思います。 30代 男性 会社員
どうぶつの森の夏至の日は、北欧の白夜を真似ているだけのイベントで面白味に欠けますが、新しいどうぶつの森アプリでは梅雨の真っ只中の日本本来の夏至を演出してくれると思います。無花果田楽や冬瓜、タコなどを食すイベントになっていると思います。 30代 男性 会社員
日本の夏至は、クリスマスと同様に盛大に祝う北欧諸国とは大きく異なりますが、タコや焼き餅、冬瓜を食べる慣習が残っているので、新しいどうぶつの森アプリでは日本の夏至の慣習を模倣したイベントが行われると思います。 30代 男性 会社員
どうぶつの森の夏至イベントは、通常は18時に終わる店が20時まで開いていると思います。夏を満喫出来るように村の人たちも集会所に集まって盛り上がるでしょう。アプリなら他のユーザーと交流も持てそうで楽しみです。 50代 男性 投資家
夏至にあるどうぶつの森アプリのイベントは、夏の星座観測会だと予想をしています。村には天文台があり、夏の大三角形を見る行事がゲーム版には組み込まれています。アプリだったら本当の夜空を見ることが出来るかもしれません。 40代 男性 とび職
どうぶつの森アプリで実施される夏至のイベントは「夏服を作ろう」だと思います。着る服は基本、自分で作るのがこのゲームの醍醐味でゲーム版でも夏至にそれを行なっています。アプリでも伝統を受け継いでくれていると期待します。 20代 男性 水泳選手
どうぶつの森アプリ版で実施されるであろう夏至のイベントは「スイカ割り」だと予想をしています。季節感が楽しいゲームで、砂浜で村の人たちが集まってスイカを食べるのが恒例になっているのでアプリでも行なわれるはずです。 40代 女性 スーパー店員
夏至に開催されるどうぶつの森イベントは「サマーライブ」だと予想をします。村はずれにある広場で、村の人たちが楽器演奏をする行事が既存のゲームに存在しているので、アプリでも引き継がれるか、プレイヤーが直接行なえるかもしれません。 30代 男性 ロック歌手
どうぶつの森で実施される夏至のイベントは「暑さを忘れる料理コンテスト」だと思います。スタミナ満点の料理や冷たい飲み物を自作して村人にプレゼントをすると友好を深める事がゲームでは出来ました。アプリでも同じことをするでしょう。 20代 女性 通訳
どうぶつの森の夏至は、日本人には馴染みの無い白夜を演出して非常に面白いと思いますが、イベントは非日常を演出してマンネリ化しやすいどうぶつの森のアプリを飽きさせない為の苦肉の策なので、新しいアプリでは冬瓜の栽培やタコ漁などのクエストが追加されると思います。 40代 女性 会社員
どうぶつの森のアプリで夏至に関するイベントがプレイできるのであれば、毎日なにかしらのミッションなりをクリアして、その報酬に応じて花火大会などのレベルが上がれば、毎日ログインしたい気持ちが高まるのではないかなと思います。 30代 女性 営業事務
スマホアプリ版どうぶつの森で夏至のイベントがあったとしたら、やっぱり星かたくさん見えたり、流星群が見えたりしたら楽しいと思います。ベルセウス流星群とかが見えたり。あとは期間限定のアイテムが配布されてもいいかも知れません。 30代 男性 会社員
アプリ版どうぶつの森で行なわれる夏至のイベントは、村にある天文台で夏の星座を鑑賞できると思います。ゲーム版では初代から実装されているので必ず組み込まれるでしょう。アプリの良さを利用して実際の夜空が見られたらなおよし。 40代 男性 大工