どうぶつの森アプリ「七夕」イベント攻略情報

どうぶつの森アプリのイベント「ムシとり大会」では、どんなイベント内容になるでしょうか?
(・∀・)

どうぶつの森ユーザーに予想をしてもらいました!

どうぶつの森アプリで七夕をするのであれば、みんなで短冊に願いを書き、星を眺めるイベントになるのだと思います。他のプレイヤーの短冊を見ることができると、どんな願いがあるのか楽しめそうですし、いくつかは実際に叶うと良いですね。 20代 男性 学生
どうぶつの森アプリで七夕イベントを開催する場合、ユーザー各自が短冊を集め、その総数によって彦星と織姫がその年にちゃんと会えるかどうかが決まるといった趣旨の内容が、ユーザーの参加も促しやすいため開催されると思います。 20代 男性 会社員
七夕はささを貰ってのんびりと天の川を眺めるだけのまったりイベント。アプリ版どうぶつの森でも同様だと思う。個人的には星モチーフのシリーズ家具を作って、それらが手に入るクエスト的イベントにしてもらいたい。 20代 女性 専業主婦
どうぶつの森のスマホアプリ版に、七夕イベントが登場するとしたら、織姫と彦星のようなデートがどうぶつの森の中で行える、デートイベントなどがあるのではないでしょうか。その時間だけ森のどうぶつと楽しい会話をしながら星を眺め、デートをして最後にプレゼント交換などができると、とても楽しいと思います。 40代 女性 主婦
七夕は村に住んでる住民みんなの願いが叶うようなイベントがあれば良いなと期待しています。星や天の川などをイメージした服やアイテムが手に入ると予想しています。アプリでどうぶつの森をする価値があると言えるようなものになると良いなと思います。 20代 女性 学生
どうぶつの森はアプリが初めてで最初は子供がやりたいと言うので仕方ないくインストールしてやらせていたのですが、一緒にやっていくうちに私自身もハマってしまい今では子供と楽しくやっています。七夕のイベントや他にもいろんなイベントがあり楽しく遊んでいます。 20代 男性 会社員
どうぶつの森アプリで七夕イベントがあるとしたら、短冊に願い事を書くと、あるいはメニューから内容を選択すると、それが叶うかもしれないイベントが開催されると思います。レベルアップしたい、アイテムが欲しいなど、もしも叶えば盛り上がれること間違いありません。 20代 男性 学生
どうぶつの森アプリに七夕イベントがあるとしたら、どうぶつの森アプリに対する要望を短冊に書くと、実際に叶うかもしれないというイベントがあればいいなと思っています。良いアイデアがあれば取り入れられるのはもちろん、抽選で当たったらそれが実現されても面白いと思います。 20代 男性 学生
どうぶつの森のアプリにおいて七夕に関するイベントが開催されるとしたら、ある時間に空を見上げると織姫と彦星が見られるものであると思います。そこで見ることが出来ると、幸運が訪れるようなものであるかもしれません。 20代 女性 学生
今のどうぶつの森では、しずえから七夕の笹を貰い顔出し看板で記念撮影するだけですが、新しいどうぶつの森アプリではしずえがプラネタリウムを特設したり、短冊に願いを書き広場の笹の木に吊るすイベントに変わっていると思います。 30代 男性 会社員
現在のどうぶつの森の七夕のイベントでは、クエストもなくしずえから七夕の笹を貰うだけですが、新しいどうぶつの森アプリでは課金を利用する事で楽にクリア出来るミニクエストが追加されると思います。課金すると難しいクエストです。 20代 男性 会社員
どうぶつの森のアプリでは、七夕のイベントで結婚相手を見つけるためのパーティーが開催されます。そこで仲良くなった男女は、一緒に短冊に名前を描いて会場の笹に飾ります。その笹に短冊を2人で飾ると結ばれると言われています。 30代 女性 会社員
どうぶつの森の七夕のイベントでは、街が七夕飾りでいっぱいになると思います。それぞれがアプリを通じて、願い事を投稿すると、それが短冊に記入され、各地でつるされるという光景が見られるのではないかと予想します。 20代 男性 地方公務員
どうぶつの森アプリ版で行われる七夕のイベントは、短冊に願いをかけるイベントがあってほしいと思う。そして、住人のみんなが書いた短冊の願いを勝手に見ることができれば、とっても面白くなること間違いなしだと思う。 10代 女性 フリーター
どうぶつの森の七夕では、たなばたのささを貰うだけでクエストも無い面白く無いのが現状です。3月に配信されるどうぶつの森アプリでは、短冊だけで無く千羽鶴の製作を村全体で行うイベントとなっていると思います。七夕は、子供達が喜ぶイベントなので、しっかり演出すべきです。 30代 男性 会社員
現在の七夕のイベントは、しずえから七夕の笹を貰うだけでどうぶつの森アプリでは通過儀礼的な扱いがされていますが、子供達に人気のイベントなので次作のどうぶつの森アプリでは最低限ミニクエストが課せられていると思います。 30代 男性 会社員
どうぶつの森の七夕は、しずえから笹を貰うだけですが、新しいどうぶつの森アプリではミニクエストとして七夕の前からてるてる坊主などでイベント当日の快晴を祈り、祈りが足りない時には雨が降りイベントが中止になると思います。 30代 男性 会社員
どうぶつの森では、夏至の白夜や冬至のオーロラなど夜空の演出を行っているので、新しいどうぶつの森アプリの七夕では夜空に彦星と織姫が描き出されるなどの幻想的な演出が行われ、簡素だった七夕が少しは楽しいイベントになっていると思います。 30代 男性 会社員
どうぶつの森アプリで、七夕に関するイベントがあったら、短冊に願いを書いて、それを笹にかけるというイベントになると思います。短冊に書いた願いによって、その後になにかが起きると面白いと思います。通信プレイで友達と一緒にやれたら楽しそう。 20代 男性 会社員
現在の七夕は、しずえにたなばたのささをもらうだけですが、新しいどうぶつの森のアプリでは村の全部の家にたなばたのささが飾られ、広場には大きなささが立てられ短冊に欲しいアイテムを記入すると貰えるイベントに変わっています。 30代 男性 会社員
どうぶつの森にやって来る七夕の日には、村に迷い込んだカササギさんを天の川に帰してあげるアプリ限定のイベントが起きそうです。水筒や方位磁石などカササギさんが紛失した旅の必須道具を拾い集めてあげると、カササギさんはお礼に願い事を書いた短冊をカバンに詰めて夜空に飛び立つようなストーリーを希望します。 20代 女性 アルバイト
七夕は、どうぶつの森では重要視されていないイベントなので、しずえからたなばたのささをもらうだけです。新しいどうぶつの森アプリでは、イベント数日前からてるてる坊主を飾り、広場に大きな笹飾りを作り願いを祈願する様に変わると思います。 30代 男性 会社員
どうぶつの森の七夕は、しずえにたなばたのささをもらうだけですが、やはり七夕は天候によって2人が逢えないドラマチックさが欲しいところです。新しいどうぶつの森のアプリでは、プレーヤーにも恋人がいて天気が悪いと逢えないクエストを課したイベントを開催すると思います。 30代 男性 会社員
現在のどうぶつの森の七夕は、しずえにたなばたのささを貰うイベントとして行なわれていますが、新しいどうぶつの森のアプリではプレーヤー自身も丈を育てる七夕飾りを作る必要があり、作った飾りをしずえに見せるとアイテムが貰えるイベントとなっていると思います。 20代 男性 会社員
今のどうぶつの森の七夕は、アイテムを貰うだけでクエストが無いので面白く無いので、新しいどうぶつの森アプリでは広場を仙台の七夕祭りのように吹き流しや短冊を飾り付けて盛大に祝うイベントになっていると思います。 30代 男性 会社員
どうぶつの森七夕は、しずえがたなばたのささをくれるイベントなので少し面白みに欠けるので、次回のどうぶつの森アプリではしずえが広場にプラネタリウムを特設して牽牛と織姫の神話を村民に読み聞かせる事を行うイベントに変わっていると思います。 30代 男性 会社員
現在の七夕は、しずえがたなばたのささをくれるイベントですが、他のイベントでは白夜や極夜、オーロラなど夜空を演出しているので、新しいどうぶつの森アプリでは夜空を牽牛と織姫の伝説でロマンチックに演出していると思います。 30代 男性 会社員
アプリのどうぶつの森で七夕のイベントが楽しめるのあれば、自分の願い事を短冊に記入するだけではなく、どうぶつ達全員の願い事が見られるようになり、さらに自分の願い事に関する感想をどうぶつ達からもらえると楽しいのではないかなと思います。 30代 女性 会社員
どうぶつの森アプリの七夕イベントは織姫と彦星の衣装が手に入ると思います。他にも七夕の笹や短冊といったアイテムが手に入ったり、飾れると楽しいと思います。占いができて、短冊に願い事が書けると面白そうです。 20代 女性 一般事務